About

当店について

お手入れのポイント

お手入れのポイント

濡らしてしまった場合

革製品にとって水は大敵です。
水などで濡らしてしまった場合には、早めに乾いた布で水分をしっかりとふき取りましょう。
その後しっかりと陰干しをして乾燥させることで、ダメージを最小限に抑えることができます。

間違ってもドライヤーの風を当てて乾かしたり、直射日光に当てたりするような乾かし方はやめましょう。
急激な乾燥は革に深刻なダメージを与えてしまう原因となってしまいます。